高麗人参で糖尿病は治りません!でも和らげる可能性はあり

高麗人参

糖尿病は一生治らない病気だと言われていますが、高麗人参で改善することはあるのでしょうか?

結論を言いますと、完治することはありません!ただ症状を和らげる可能性はあるようです。

ここでは糖尿病の基本的な知識、高麗人参の有効性など分かりやすくお話ししていきます。

目次:

糖尿病とは、血液中にブドウ糖が多くなる病気です。

福岡県の原土井(はらどい)病院で勤務する医師・酒井 健司 先生によりますと「ブドウ糖」とは、その名の通り葡萄にたくさん含まれている糖質を指すようです。

人間が生きていく上で重要なエネルギーとしてブドウ糖は血液中に存在します。

ブドウ糖がないと生きていけませんが、多すぎても良くないのです。

この血液中にブドウ糖がどれくらい含まれているかの割合を示すのが血糖値ですね。

健康な人の場合、すい臓から分泌される インスリン と呼ばれるホルモンによってブドウ糖を体内に取り込んで蓄えられ、運動する時のエネルギー源として使える状態にします。

一方、糖尿病患者の場合はインスリンがうまく機能せず、血液中からブドウ糖を取り込むことが難しくなります。

すると取り込むことの出来なかったブドウ糖が血液中に残されることで、血糖値の高い状態が続いてしまいます。

この状態が長く続くと様々な恐ろしい病気を引き起こします。

いったいどのような病気を発症する可能性があるのか?次で見ていきましょう。

補足:血糖値は炭水化物で(↑)・運動で(↓)

ちなみに白米・パン・麺類などに多く含まれる炭水化物が体の中で消化されてブドウ糖になります。

つまり炭水化物を摂取すると血糖値は高くなり(↑)、運動するとブドウ糖がエネルギーとして消費されるので血糖値は低くなります(↓)。

※参考情報:糖尿病サイト「糖尿病には、なぜなるの?」、アサヒ新聞「ブドウ糖が「ブドウ糖」と呼ばれるわけ

糖尿病になって血糖値が高い状態が続くと様々な病気を招きます。

京都大学 医学部 附属病院の稲垣 暢也(のぶや)先生の監修記事によりますと、主に次の病気が引き起こされると説明しています。

  • (1) 糖尿病 網膜症(もうまくしょう)
    視力低下、目のかすみなどの症状が現れる、失明することもある
  • (2) 糖尿病 腎症(じんしょう)
    尿中にたん白が出たり、体がむくんだりの症状が現れる。腎不全になると人工透析が必要になる
  • (3) 糖尿病 神経障害
    手足のしびれ、痛み、ほてりなどが現れる。足の感覚がマヒしてケガに気づかず、ただれたり壊疽(えそ)になることも
  • (4) 脳梗塞(のうこうそく)
    手足がマヒする、言葉が突然出なくなる、物が2重に見えるなどの症状が現れる
  • (5) 心筋梗塞
    胸が締め付けられるような強烈な痛みが現れる
    (糖尿病患者の場合、はっきりした症状が見られないこともある)
  • (6) 末梢動脈性疾患(まっしょう どうみゃく しっかん)
    足やふくらはぎが痛くなって運動ができない、休まないと歩けないなどの症状が現れる

この病気を見ていくと糖尿病も怖いですが、何よりも誘発される病気の方が重症で恐ろしいことが伝わったかと思います。

そこで本題の“高麗人参”の登場ですが、はたして糖尿病を改善する効果は期待できるのでしょうか?

続いて高麗人参が糖尿病患者にある影響をもたらしたお話しです。

※参考情報:糖尿病サポートネット「糖尿病ってどんな病気?

関西医科大学第一内科の鉄谷 多美子さんの研究によりますと、高麗人参には すい臓で作られるインスリンの生合成を活発にさせる働きがあることが分かりました。

鉄谷さんは、糖尿病患者(2型)71人の方を対象に1日3〜6gの高麗人参を摂取させて、1年間続けた結果を調査しました。

その内容は次の通りです。

  • すい臓のインスリン分泌機能が1.5倍ほど回復
  • 血糖降下剤やインスリン注射の量を減らす、または中止できた患者が20%以上
  • 病状を悪化させずにコントロールできた患者は30%以上

その一方で高麗人参を摂取しなかった患者の80%以上が病状を悪化させた結果となりました。

 状態/薬剤減量・
中止
良好な
コント
ロール
不良・
悪化
全体
人参投与群血糖降下剤24%34%42%100%
インスリン注射27%46%27%100%
人参非投与群血糖降下剤3%11%86%100%
インスリン注射0%17%83%100%

引用:久郷 晴彦・著『高麗人参』サポニンが脂肪組織に作用しすい臓機能を助ける

このような結果だけを見ると「糖尿病は治るの??」と期待したくなりますが、あくまで症状が和らいだという調査結果です。

残念ながら高麗人参で完治する病気ではないことが次の患者さんの証言からうかがうことができます。

補足:糖尿病には1型と2型の二種類がある

日本糖尿病学会によりますと、日本人の糖尿病患者の実に約90%が2型糖尿病とされているようです。

1型と2型の違いについては、次の表をご覧いただくと分かりやすいです。

1型 糖尿病             2型 糖尿病
子どもや若年者に多い発症
年齢
中高年に多い
糖尿病のおよそ10%未満割合糖尿病のおよそ90%
突如症状が現れて糖尿病になることが多い症状症状が見えづらく、気がかないうちに進行する
やせ型の方が多い体型肥満の方が多い(ただ、やせ型の方もいる)
膵臓でインスリンを作るβ細胞という細胞が壊れてしまうため、
インスリンが膵臓からほとんど出なくなって糖値が高くなる
原因生活習慣や遺伝的な影響により、
インスリンがうまく機能しなくなって血糖値が高くなる
インスリンの注射治療食事療法・運動療法、飲み薬、ケースよってインスリンなどの注射を使用
引用:糖尿病情報センター「糖尿病ってなに?

専門家によっても「高麗人参が糖尿病にもたらす効果はあるか?」という意見は分かれているようです。

京都の高雄病院で理事長を務める江部 康二(えべ こうじ)先生は、医師でありながら糖尿病を患ってしまいました。

江部先生は漢方医としてご活躍され、学会などで漢方医の専門家たちと頻繁に交流していますが、高麗人参で血糖値が目に見えて下がるということは、聞いたことがないと指摘しています。

そして次のように結論付けています。

結論です。

高麗人参で血糖値が下がる可能性はありえますが、ごく軽度のものであり、それだけで糖尿病をコントロールすることは不可能です。

この結論は、江部先生ご自身が30年近く高麗人参を含む漢方処方を出してきて、それだけで糖尿病のコントロールができたという経験がないことが根拠となっている点もあります。

引用:ドクター江部の糖尿病徒然日記 「高麗人参と血糖値

あとがき

糖尿病は一生治らない病気。

そして高麗人参の効果については、専門家たちの間でも意見が分かれているところを見ると、まだまだ研究中のようですね。

いずれにしても高麗人参が糖尿病患者に良い影響をもたらすことは間違いないことが分かりましたね。

コメント